米沢屋の魅力

~山形の山々で収穫した食材を使ってのおもてなし料理~  ご夕飯、ご朝食は食堂で東北の食材王国山形の地元食材の 野菜や季節の山菜

ご夕飯、ご朝食は食堂で東北の食材王国山形の地元食材の
野菜や季節の山菜、きのこ、川魚や日本海の魚、それに美味
しいお肉などを使った手料理でおもてなしをさせていただい
ております。

志津温泉のある山形県西川町は山々に囲まれているため山
の栄養を宿した山菜やキノコが本当に美味しい地区です。
冬は積雪が6mにも達するため雪解けが遅く山菜の時期が長く
なります。

そして種類は豊富で、代表的なものとしては、
こごみ、うど、ゼンマイ、たけそば、タラの芽、コシアブラ、
様々な山菜があります。
米沢屋では日本人にも外国の方にも喜ばれる
山菜の天ぷら、おひたし、胡麻和えなど旬の素材を生かした
料理を提供しております。

6月、7月は食通の間でも話題の月山筍も楽しんでいただけます。 月山筍とは根曲がり竹で、柔らかい筍で、焼き筍、筍汁、ゆで筍、 どれを食べても本当に美味しい素材です。

そして秋になるとキノコの時期になります。原木ナメコ、ブナハ リタケ、ヒラタケ、トビタケ、それらを鍋や天ぷら卵とじがおすすめです。

そして冬になりますと、春に採れた山菜や筍、秋に採れたキノコ を保存しておき、それを鍋などに入れてお出しします。見た目も楽 しく、大根おろしで作った雪だるまを豪快に入れて召し上がってい ただきます。料理名はその名も豪雪鍋。由来は西川町は冬に積雪が 6mにも達することから名付けられました。

pagetop ↑